貧乏家族 からあげ & erocco のライフスタイル重視な家づくり
page top
昨日はとんでもなく気の使う仕事で遅くなったので、
今日は昼出発かなー。

のんびりしたい。
エロっ子です。

からあげにはワックスかけろーと言われてるので準備、準備。

てなわけで、我が家の作業部屋。


年末にバイスが来ました。
SEED中村さんありがとう。



このバイス。
かなり使いやすいっす。
いつもSEEDで作業させてもらってるのもあって、こういうの欲しかったんです。

他の人にはオススメはできなきですけどねー

これでビンディング取り付けも、ワックスもはかどります。
中村さんありがとう。



page top
明けましておめでとうございます。
エロっ子です。

新年になっても管理人からあげは中々登場しませんね。
レアキャラです。

てなわけで、からあげ登場まで僕が頑張ります。

年末ついにこいつを入手しました!


なんの変哲も無い電子レンジ。

もともとここにはヘルシオ君が居たんですが…

我が家はスチームオーブン使わない。
(時間かかるからメンドイ)
普通のオーブンも、ミーレのウォールオーブンを入れたので、お役御免。
スチーム用に気密性が高いから排気のモーター音がうるさい。
と、無駄にオーバースペック。

オーバースペックな上に、赤くて大きなレンジが存在感ハンパない。

などなど、我が家のライフスタイルに合わなくなってきてました。
というわけで、まだまだ元気なヘルシオ君のドナドナ先も決定。

ヘルシオ君の後任を探しが本格化したのでした。

予算は2万円。
欲しい機能は電子レンジのみ。
庫内はフラット。
自動温めなら(アチアチになりにくい)赤外線センサー。
手動温めならダイヤル式。
見かけはステンレス(もしくはシルバー)。

でもね。
無いんです。
ダサくないステンレスの電子レンジ。
無いんです。
赤外線センサーの単機能電子レンジ。
無いんです。
庫内フラットのダイヤル式。

海外から無理矢理輸入も考えたけど、ハンパない予算オーバー。
旧機種で見つけても、既に何年も前に廃盤。

だせーよ。
合わねーよ。
今どきの電子レンジ!

と、頑張って探したした機種がこいつ。
エレクトロラックスの1世代前の機種。

庫内はターンテーブル。
自動温めは無し。
操作はダイヤル。
カラーは(プラスチックな)シルバー。

てなわけで、少し妥協だけど仕方ない!


ところが…

シルバーの60ヘルツが無い。
ホワイトの60ヘルツと、シルバーの50ヘルツは格安7000円以下で売られてるのに…

60ヘルツでシルバーが無い。

無い。
無い。
無い。

と、意地で探したらありました。
値段は1万円超えと同機種の他のヤツより高いけどねー

というわけで、
電子レンジのグレードダウンで
キッチンの見栄えアップ完了!


page top
こんばんは
エロっ子です。

またまた
風邪ひいて、微熱が出て
喉が痛くて
鼻が出て息が苦しいです。

こないだ

ついについについに

WeMoをつけました~



上の白く光ってるのボタンがダウンライトのWeMoスイッチ。
その横のスライダーはダウンライトの調光。
下の緑に光ってるのは間接照明のWeMoスイッチ。
その横にあるのは、シーリングファンのスイッチ。

電気が消えてる時は白くてさり気ないホタルランプ。
電気がつくと、明るめの緑のパイロットランプ。
寝室でも使ってるけど、かなりいー感じ。

こいつのお陰で世界中のネットが繋がる場所で、お家の電気がつけれちゃう。
最近海外で話題?のIFTTT連携で、メールで電気オン何て事も出来ちゃうんだぜー

自己満足です(。-_-。)




page top
少しずつ少しずつ前進。

エロっ子です。

我が家のキッチンスペースは
ステンレスカラーが基調。
茶色い木にステンレスでバシッと締めて、
真鍮の照明で雰囲気を出す。


でも、実際に物を選ぶとき意外とステンレスの物を調達出来ないことも多い。。。

例えばコレ。


ガスコンセントのウォールプレート。
我が家はコンセントのプレートもステンレスにしてるから、一つ浮いちゃいます。

で、こいつをステンレス化



いきなり完成
少し明るい色のステンレスになりまーす。
ステンレス表面加工直後はザラザラなので、
磨くとツルツルに…

でも、ステンレス磨きすぎると下地のプラスチック出ちゃうから困っちゃう。
ビビってすこしだけ~

ちなみにこんなものも工事中のお家で、ステンレス化。

キッチンのライディングレールのカバー。

いい感じ~


page top
忘れる前に書かないとと思って、
はや2ヶ月。

エロっ子です。

トイレのタイルは練習。
本命は玄関の壁のタイル。


貼った後のアップはこれ。

実はこのタイル。
毎日の様に僕が通うビルの地下の入り口にひっそりと使われているのです。

設計段階でからあげに写真を見せて許可を貰って、自分で品番調べて建築士さんにお願い。



適切な量のタイルと、ボンドと目地材は工務店さんが準備してくれました。


一応、いつ作業出来るかわからなかったので下地のベニヤに白いオスモを塗ってオープンハウスを迎えた壁に、さらにアクやヤニが出ないようにアクどめシーラーを重ね塗り。


タイル張りはトイレのタイルで練習して、感覚をつかんじゃいます。

で、作業開始、


黙々と壁にボンドを塗って、タイルを均等に…
って、簡単そうに書くけど、、、

事件勃発。

壁に塗ったベタベタのタイルボンドがはみ出して 、タイルの上にベタベタとついてしまった。
乾く前に拭かないと取れないボンド。
拭けば拭くほど押されてはみ出してくるボンド。
根気のないオラは既にテンパリ気味。。。

すでに涙目のオラの代わりに、からあげが綺麗に拭いてくれました。
からあげ。偉い。

ちゃんと貼ったら次の日に目地材入れて完成。



玄関の真ん前で失敗しないかドキドキしたけど、満足な仕上がりー



© ぴんぎれ〜. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG