貧乏家族 からあげ & erocco のライフスタイル重視な家づくり
page top
気になったらとりあえず検索。
エロっ子です。

お家予定地の地盤をを調べた方法を、
スウェーデン式サウンディング試験
と言うらしいです。


普通、地盤調査と言ったらボーリング調査を思い浮かべるけど、一戸建てだとコレが主流なのね。

ちなみにボーリング調査はボーリング標準貫入試験と別れてて、地質調査のサンプルを取りながら目指すところまで掘って進むボーリングと、規定の深さで一定の重さの重りで叩いてN値を図る標準貫入試験が合わさってる事が多いみたい。


じゃぁスウェーデン式サウンディング試験はどーするかというと、棒の先っぽにネジネジがついていてその突き刺さり易さで測るらしい。
まずは重りを順番に載せて、それで刺さらなかったらネジネジしてみてみたいな感じ?


そんな仕組みだから地質調査のサンプルは取れない。
でも、地面がどんな状態かは知らなきゃいけないってことで、ネジネジする時の音で地質を知るらしい。
ゴリゴリって言ったら石が多くて、ジャリジャリなら砂っぽくて、ヌメってしたら粘土みたいな感じ?
だから『サウンディング』というらしーよ。

なるほどー。


じゃぁスウェーデン式サウンディング試験のメリットは?

コスト。
とにかく安いみたい。
大きな建物や免震住宅は、岩盤までを調べないと行けないからボーリング調査をするらしいけど、普通の基礎なら重さがかかる10mぐらいまでわかればいいんだってさ。

でも、実は安いだけじゃなくて必要な調査に向いてるってのも有るらしい。

25cm毎に地盤の強度を測るから、必要な10mの情報をより詳細に調べることができるらしい。
だから、地盤補強に必要なデータとしてはスウェーデン式サウンディング試験の方が有利みたい。

で、大事なのはデメリット。
やり方がやり方だけに、たまたま大きな石が多い所をやると、良い調査結果が出てしまいます。
コレを防ぐため、敷地の対角線とか最低4地点以上で調査するみたい。


あと、瓦礫が埋まっていてもとなるけど、そもそも瓦礫はあっちゃいけないので土地探しの時に注意するしかないね。

ってことで、
うん。
なるほどー。

あとは結果だよねー。
© ぴんぎれ〜. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG